放射線障害予防規程

ホーム 施設概要 研究概要 上へ 所在地案内 掲示板(お知らせ) 学内専用

 

 

 

1章 総則

(趣旨)

1条 この規程は,放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(昭和32年法律第167号。以下「法」という。)及び電離放射線障害防止規則(昭和47年労働省令第41号。に基づき,金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設(以下「理工系施設」という。)における放射性同位元素及び放射性同位元素により汚染された物(以下「放射性同位元素等」という。)の取扱いに係る放射線障害予防及び安全を確保することを目的とする。

(定義)

2条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号の定めるところによる。

(1) 放射性同位元素 法第2条第2項に定める放射性同位元素をいう。

(2) 放射線施設 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則(以下「施行規則」という。)1条第    9号に定める使用施設,貯蔵施設及び廃棄施設をいう。

(3) 事業所 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行令第3条第1項に定める事業所をいう。

(4) 取扱等業務 放射性同位元素等の取扱い,管理又はこれに付随する業務をいう。

(5) 理事 研究・国際担当理事をいう。

(6) センター長 金沢大学学際科学実験センター長をいう。

(7) 施設長 理工系施設の長をいう。

(8) 取扱者 取扱等業務を施設長から許可された者をいう。

(9) 一時立入者 取扱者以外の者で,一時的に管理区域に立ち入る者をいう。

(10) 所属部局長 取扱者が所属する部局の長をいう。

(細則等の制定)

3条 施設長は,法及びこの規程に定める事項を実施するために,次に掲げる規程等を別に定めるものとする。

(1) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設放射線障害予防細則(以下「予防細則」という。)

(2) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設利用要項(以下「利用要項」という。)

(3) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設自主点検実施要項(以下「自主点検実施要項」という。)

(4) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設放射性有機廃液焼却炉運転管理要項(以下「放射性有機 廃液焼却炉運転管理要項」という。)

(5) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設火災時消防措置要項(以下「火災時消防措置要項」という。)

(6) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設地震時措置要項(以下「地震時措置要項」という。)

(7) 金沢大学学際科学実験センターアイソトープ理工系研究施設ラジオアイソトープの管理及び取扱要項(以下「取扱要項」という。)