施設核燃料物質取扱要項

ホーム 施設概要 研究概要 上へ 所在地案内 掲示板(お知らせ) 学内専用

 

  

第6章 核燃料物質の運搬

1.理工系施設内における核燃料物質の運搬

理工系施設内における核燃料物質の運搬は,周囲を汚染させないよう適当な容器に入れて行うこと。

2.事業所外における運搬

核燃料物質を事業所外に運搬するときは,予防規程第29条第3項及び前2項に規定する措置に加えて次の各号に掲げる事項を厳守しなければならない。

(1)取扱者が直接運搬できるものとして,危険度が極めて少ない核燃料物質等の輸送に該当するL型輸送物及び法律で定める量を超えない量の核燃料物質等(L型輸送物を除く)のA型輸送物があるが,A型はA型輸送物に係る条件が満たされた容器でなければならない。

(2)上記の輸送に当たっては,電車,バス等の公共輸送機関内に,持ち込んではならない。

  (3)事業所外における運搬の実際に関しては,核物質管理者の指示に従うこと。