放射線障害予防細則

ホーム 施設概要 研究概要 上へ 所在地案内 掲示板(お知らせ) 学内専用

 

 

   第2章 放射性同位元素の入手と持ち出し

1.購入,持込み(譲受)

理工系施設で使用する放射性同位元素は,次の要領により管理室を通して購入手続き及び受入手続きを行う。なお,放射性同位元素等使用承認証に記載のない核種及び数量以上のものは入手できない。(「ラジオアイソトープの管理及び取扱い要項」参照)

(1)購 入

   ) 放射性同位元素を購入する場合は,J-RAM(ラジオアイソトープ受発注システム)で必要事項を入力し請求すること。なお,基本的な入荷曜日である火曜日のものについての請求は,前週の火曜日までに入力の上,請求すること。

   ) 放射性同位元素の入荷があったときは,安全管理担当者から申込者に通知する。

(2)譲受

放射性同位元素を他の事業所から譲り受ける場合には,事前に放射線取扱主任者(以下「主任者」という。)の承認を受け,他の事業所からの譲渡書等を管理室へ提出すること。無断で放射性同位元素を理工系施設に持込むことは法律に触れ,それに係る責任は,理工系施設利用申請書を提出した際の申請者が負うことになる。

2.譲渡

放射性同位元素を他の事業所へ譲渡する場合には,他の事業所からの譲渡依頼書等を管理室へ提出し,主任者の承認を得ること。無断で放射性同位元素を理工系施設外へ持ち出すことは法律に触れ,それに係る責任は,理工系施設利用申請書を提出した際の申請者が負うことになる。